うつ病の治療は、原因から考えて行う必要がある

ページトップへ

大切な家族のためにも正しく理解しよう

うつによる問題

私のうつ病は対人恐怖

うつ病に罹ってしまうと、健全な社会生活を送ることが困難となってしまいます。うつ病は、常に強いストレスにさらされることによって、交感神経のバランスが崩れてしまい、引き起こされる場合があります。交感神経のバランスは、強いストレス下に置かれることにより、バランスの変調が現れる事があります。現代社会では、職場や人間関係から多大なストレスを受ける事が多くあるため、こうしたうつ病による問題が現れる事が多くあるのです。うつ病に罹った場合、強い倦怠感などによりまともに仕事を行えなくなります。ひどい場合は風邪などに罹った時と同じくらいの倦怠感により、身体をまともに動かせなくなるため、問題なのです。うつ病は気分障害ともよばれ、特に理由もなく気分が落ち込んでしまう事が多くあります。多くのうつ病患者は、寛解期と呼ばれる平常な状態と、鬱となって気分が落ち込む状態のサイクルが起きます。通常の状態となる寛解期では、鬱による影響もなく普段通りに過ごすことができます。しかし、鬱期に入ると気分が酷く落ち込み、自傷行為や自殺願望が現れる場合もあるため、注意が必要です。

原因をしっかり見つめましょう

うつ病を発症した場合、速やかに專門の病院やクリニックで治療を受ける必要があります。專門の病院では、抗うつ剤などの投薬治療によって高い効果を得られます。ほうっておくと自分の命まで失わせかねない恐ろしい病なので、きちんと專門の医療機関から治療を受けておきましょう。

私は元々対人関係が苦手でした。あがり症で人見知りで汗かきで吃音でした。 今思えばうつ病の原因は生まれつき持った特性にあったのですが、それと向き合わずに生きてきました。ゆえに常に対人コンプレックスを持っていて、人と一緒にいて落ち着けると思ったことは一度もありません。それは家族も同様です。原 このような私が社会生活に不安を抱えるようになるのは必然でした。いつからか人と交流することを避け、家に引きこもるようになりました。そしてたまに人と話すと明らかに挙動不審になってしまうのです。呼吸があがり、会話のラリーが成立せず、全身に汗をかき、逃げるように去る。このようなことが続きました。対人恐怖症の症状です。うつと対人恐怖症は違いますが、精神系の病気というものは、併発に併発を重ねますので、うつ病の方は統合失調症、神経症、対人恐怖症予備軍ということができるでしょう。ちなみに私はうつ病と診断されなが、それらの全ての病気を持っています。以下に原因を探ります。

うつ病になる人にはかならず原因があります。その原因にも原因があります。ですので、感情的にならずに、冷静さを保ちながら、原因の元の元に向かって効果的なアプローチを心がけましょう。 例えば対人関係であれば、なぜ苦手な人と無理をして付き合う必要があるのかも一考の余地があるでしょうし、逆になぜその人と付き合えないのかもしっかり探りたいものです。そしてそれが身体的なコンプレックスなのであれば、そちらを先に解消するように心がけるという具合です。その間はその対人関係は無視しても良いでしょう。全てを一度に解決できるほど人は優秀ではありません。自分を過大評価せずに、問題を小分けにし、それをさらに解決可能なレベルにまで落とし込みましょう。そうやって細分化されたものに対して、日々解決できるように向かっていきましょう。

  • 問題となる症状

    うつ病に罹ってしまうと、多くの症状に見舞われます。気分が慢性的に落ち込むことや、意識がぼんやりとしてしまうような精神症状の他に、原因の分からない頭痛や動悸の元ともなるため、当てはまる症状があれば診察を受けましょう。

    Read more

  • 病気の診断

    うつ病の診断では、主に医師からの問診によって診断を行います。身体の状態を測ることでの検査は行えないため、問診によりうつ病かどうかの診断を行います。問診によって、うつとなった原因も分かるため、根治治療を行うこともできます。

    Read more

  • 女性が罹る場合

    うつ病は、女性が罹ることが多い病です。思春期によるホルモンバランスの変調や、妊娠や育児、月経周期の乱れなど、多くのストレスにさらされることが原因とされており、こうした問題が発生しやすいのです。

    Read more

  • 高齢者が罹る場合

    うつ病は、高齢者も罹りやすい病とされています。高齢になったことで身体が不自由になることのストレスや、親しい人との死別や老後の不安により、強いストレスが生じ、それがうつ病の原因となる場合があるのです。

    Read more

  • 環境調整による治療

    うつ病を治療する上で、利用できるのが環境調整による治療方法です。うつを発症させた原因である環境を変えることで、暮らしからストレスを取り除き、さらに再発の防止にも役立たせられるのです。

    Read more

  • 薬物治療の効果

    うつ病の治療は、薬物の投与によっても高い効果をもたらします。うつ病の症状は、脳内にあるシナプスの働きが鈍くなることが原因となります。薬物治療によって、ドーパミン分泌を促すことで、高い改善効果を得られます。

    Read more