うつ病の治療は、原因から考えて行う必要がある

ページトップへ

空

女性が罹る場合

このようなうつ病は、女性が高い確率で発症する事が多いです。男性のおよそ1.6倍もの確立で発症するため、現在抱えている症状がうつ病によるものなのか、調べておく必要があるでしょう。女性がうつ病に罹りやすいという原因は、ホルモンバランスの崩れによる影響が大きいです。思春期などは、卵巣の未発達が原因となり、ホルモンバランスが崩れやすくなるため、精神にも大きな負担がかかってしまいます。そのため、若い女性がこうしたうつ病に罹ってしまう事が多くあるのです。ほかにも、妊娠や出産が原因となり、うつ病を発症させてしまう事も多くあります。妊娠するとなると、身体にも大きな影響が与えられます。つわりなどの症状に悩まされるほか、身重になるにつれ、身体の状態も自由が効かなくなってしまうのです。また、妊娠は突然起きる事も多くあるため、十分に心の準備をしていない内から環境が大きく変わってしまうため、それが原因となりうつを発症させてしまう事態になるのです。マタニティーブルーと呼ばれる症状も、妊娠から出産にかけて起こるものです。人一人の命を生み出す出産は、母体にも大きな影響を与えてしまうため、精神的な負担もそれだけ大きくかかってしまうのです。育児に関しても、うつ病を発症してしまう事があります。

子どもの世話というものは、多くの手間がかかってしまうため、ストレスが溜まってしまう事が多いものです。育児の方法にはマニュアルが無いため、常に自分の育児方法が正しいかどうかといった事で思いつめてしまうことも、うつ病の原因となります。うつ病に関して身に覚えのある症状がある場合は、きちんと診察を受けるようにしましょう。