うつ病の治療は、原因から考えて行う必要がある

ページトップへ

空

薬物治療の効果

うつ病治療において、効果的であるのが薬物治療です。薬物治療では、服用し続けることにより、抑うつ状態を改善させられるため、飲み続けることで普段の生活を満足に続けることができます。うつ病の原因は、脳内物質の働きが抑えられているためです。人の脳で分泌される脳内麻薬のドーパミンは、同時に人のやる気を出させるための重要な脳内物質です。うつ病の患者さんの場合、このドーパミンの分泌量が極端に少ないため、強い倦怠感や不安感などを引き起こしてしまうのです。抗うつ剤などを使用した場合、うつの原因であるドーパミン不足を解消させられます服用し続けることで、ドーパミンの再吸収をブロックし、結果として多くの脳内物質が脳内のシナプス間で交換されるのです。この抗うつ剤を規則正しく服用し続けることで、効果的にうつ病の症状を緩和させられます。しかしながら、この抗うつ剤はすぐに効果が発揮されるものではないため、毎回服用し続けていたとしても、効果がいまひとつ分からないという人もいます。もううつ病は完治したからと、勝手に抗うつ剤の服用を中断してしまう場合がありますが、これは非常に危険なことなのです。

うつ病はたとえ回復の兆しを見せていても、再発してしまうことがあります。薬を中断したため、副作用が原因となり以前よりも更に重い症状に見舞われる事もあるため、勝手に治療をやめてしまうのは問題なのです。また、こうしたうつ病の薬を過信しすぎ、症状を緩和させるべく大量に薬を飲んでしまう場合もあります。抗うつ剤は、きちんと用法用量を守って飲まなければ適した効果は得られません。大量に薬を飲んだ事が原因となり、身体に何らかの症状が現れる事もあるため、服用する場合は医師の指示に従いましょう。病院で処方される薬は効果も強いため、勝手な飲み方をすると、それが原因となり重大な症状を招く事もあるため、薬の飲み方には注意が必要なのです。